Top >  過食症の症状 >  過食症か食べ過ぎかの線引きはここ!症状をチェックしましょう

過食症か食べ過ぎかの線引きはここ!症状をチェックしましょう

過食症(神経性大食症)の症状とはどういうものでしょうか。過食のエピソードの繰り返し、過食のエピソードは以下の2つによって特徴付けられます。



1(1)他とはっきり区別される時間の間に(例:一日の何時でも2時間以内)、ほとんどの人が同じような時間に同じような環境で食べる量よりも明らかに多い食物を食べること。

1(2)そのエピソードの間は、食べることを制御できないという感覚(例:食べるの止めることができない、または何をどれほど多く食べているかを制御できない)。

3.体重の増加を防ぐために不適切な代償行為を繰り返す、(例えば自己誘発性嘔吐;下痢、利尿剤、浣腸、またはその他の薬剤の誤った使用;絶食;または過激な運動)

4.むちゃ食い及び不適切な代償行為はともに平均して、少なくとも3ヶ月にわたって週2回起こっている

5.自己評価は、体型及び体重の影響を過剰に受けている。(例えば痩せていると自己評価は高くなり、太っていると自己評価は低くなる)

6.障害は拒食症(神経性無食欲症)のエピソード期間中にのみおこるものではない

そして、病型を分類すると次のようになります。

1.排出型:現在の神経性過食症のエピソード期間中、その人は定期的に自己誘発性嘔吐をする、または下剤・利尿剤・浣腸の誤った使用をする。

2.非排出型:現在の神経性過食症のエピソード期間中、その人は絶食または過剰な運動などのほかの不適切な代償行為を行なったことがあるが、定期的に自己誘発性嘔吐、または下剤・利尿剤または浣腸の誤った使用はしたことがない。

過食症と一言に言っても、人それぞれ症状が異なります。単なる「食べすぎ」との違いを把握しましょう。
スポンサードリンク

その他神経性大食症,症状,エピソード,自己誘発性嘔吐,体重の情報

過食症者のブログを読んでみましょう
現在行き過ぎたダイエットの反動から過食症などの摂食障害になる人が増えており、その体験記を綴ったブログも増えています。

過食症の治療とはどのようにすればいいのでしょうか?
過食症の治療とはどのような方法をとればいいのでしょうか。
病院に行ってまず行われることは、薬を処方されることです。
しかし、本当に薬の服用するだけで、治る病気なのでしょうか。

拒食症も過食症も心の叫びです
拒食症や過食症など摂食障害は身体を張ってのかなり厳しい自己表現です。
やはり生きてゆくのに食べることは不可欠ですから、そこで通常とは違う行動があれば家族は驚いて注目せざるを得ません。

過食症の克服するにはマグマの理解が必要
過食を引き起こす元になるものを「マグマ(過食のエネルギー)」といいます。

過食症・摂食障害の概念が生まれたのはいつ?
過食症という概念、摂食障害という概念が生まれたのはいつの時代のことなのでしょうか。

過食症と薬の関係
ここでは、過食症と薬の関係についてみていくことにします。

過食症克服のダイエットブログとは?
過食症のダイエットブログというものが多数存在します。
一体どういったものなのでしょうか。

過食症と認識したら、病院に行きましょう!
過食症になったら、必ず病院やクリニックなどの専門機関に相談しにいきましょう。

過食症と芸能人の関係
ここでは、過食症と芸能人の関係についてみていきましょう。


過食症の症状

具体的な過食症の症状とはどういったものなのでしょうか?単なる「食べすぎ」との違いがどこにあるのかわかりやすく解説します。

関連エントリー

過食症か食べ過ぎかの線引きはここ!症状をチェックしましょう